猫田に小判 -新館 -

Last Modified: 2021/10/21(Thu) RSS Feed

No.41

#金継ぎ #陶磁器修理 #どうでもいい思い付き

分からん。はっきり言って、やればやるほど分からないわけだが、その中から何となく分かってきたことがある。
まだ固まっていないので、取り合えず忘れないうちに書き散らしておこうと思う。読みにくいと思います。すみません。

始まりは、このツイート で書いた疑問。そして試しにやってみた、これ
要するに、錆漆というのは珪藻土(放散虫という単細胞生物の骨格が堆積したもの)とか珪石(マグマが冷えて固まったもの)が多い鉱物を漆で練ったものなわけだが、なぜそこへ至ったのか、途中にもっといろいろ混ぜていないのか。だって、硬そうなものはいろいろあるし、珪石よりも粘土の方が先に目に付かない?粉体にするのも粘土の方が楽だし、周りにたくさん土器とか陶器があったでしょうに、いきなり磁器原料には行かないでしょ。という素朴な疑問。これは私が陶芸をやっているからなのかもしれないけど、粘土と漆を混ぜたという記述は全く見つからない。
それで、手近にあった益子土と信楽白土と信楽赤土を混ぜてみたところ、これが結構どれも良い。

益子土も信楽土も調整杯土なので、じゃぁ、無調整というか原材料でもやってみようと思い、化粧土や釉薬原料で手近にあった木節粘土、蛙目粘土、朝鮮カオリン、天草陶石を混ぜてみたら、これもちゃんと錆っぽくなる。朝鮮カオリンはハロイサイトで可塑性が無いので、金継ぎに使えそうな感じの錆とはちょっと違うのだが、カオリナイトの木節粘土や蛙目粘土は、むちゃくちゃ可塑性しっかりしているし肌理も細かいし、なんか悪くないよなぁと。天草陶石は準粘土というかセリサイトが粘土っぽい可塑性は生むので、これも水分を調整してやると錆になる。そもそも天草陶石って陶芸に使う前は砥石として使ってたくらいだから(今でも天草砥石、たまにホームセンターで見るけど)、砥の粉ではあるわけで、ジャンルとしては砥の粉なんだろうな。

そういうわけで、実は、調べたら、砥の粉と言っても販売しているメーカーによってかなり成分がいろいろ。しかも、結構、粘土寄りな砥の粉もあったりして、全部が全部、珪藻土や珪石主体ということでもないと分かり。なるほど、ハウツー本で、水を入れてやっとまとまる程度に練りますと書いてあるのは粘土成分多めだから少量の水でまとまるのかと、改めて気付いたりして。それはさておき、素性がよく分からないものもある砥の粉よりも、出来るだけ主原料で、可塑性を生かせて硬くなる比率を考えてみようかとプレパラートに塗ってテストピースを作り始めたのだが、ある時、ふと気付いたたことがある。
粘土は、水が多くても少なくても乾いたら同じくらい硬くなる。ロクロを挽いた後の泥水を乾燥させると、器の内側についた粘土はカッチカチで剥がれなくなる。粘土は練った時の水分量に関わらず乾燥すると同じ硬さになるじゃないか。だとすると、本堅地で水分を使うと錆の硬度が落ちるというのは本当なのか?
それで、今まで出来るだけ水分はギリギリの量が良いと思い込まされていたけども、粘土使うとしたら、その法則は成り立たないのではないか?と思ったわけだ。
とすると、これは単にテストピース作るだけじゃなくて、厚みも変えて試してみた方がいいのかもしれない、と。

そんな感じで、厚みも変えながらいろいろ作ってみたら、厚みが0.5㎜以下だと、空気中の水蒸気で水分がまかなえるからなのか水の多少に関係なく錆は固まる。1㎜を超えると水分が少ないほど固まらないが1週間くらいあればまず固まる。2㎜を超えると混合した水分比が硬化に滅茶苦茶関わってきて、固まらいものは固まらないと分かる。そして、案の定、水分量に関わらず乾けばちゃんと硬い。

ちなみに、2㎜で粘土の錆漆を固めるには、粘土:水:漆は2:1:1。つまり乾燥させた粘土の重量の半分は水分が必要になってくる。
通常、作陶で粘土を練る時の水分量は約30%が適量。可塑性を出すのに使う水分量として粘土の半分の水は多すぎる。だとしたら、残りの水は何故必要なのか?暫く何も閃かなかったのだが、もしかしたら漆に関わる水分量なのかもしれないと気付く。理由は使っている漆が素黒目だから。数%は水分が残っているけれど、もし水分が無いと仮定すると、この水を足した時に生漆の水分比率に近似することになる。あぁ~っ!そうかぁ~。漆の樹木にとって、樹液を固めるために必要なのは外気であって、湿度では無いんだと。樹液は最初から固まるのに必要なH2Oを保有していたんだなぁと。考えてみれば当たり前の話。それが自然のバランスというものだよ、と。

ということで、何となく分かってきた。

そして今、陶磁器専用の接着錆漆は、砥の粉に粘土を混ぜて粘りを調節したら良いんじゃないか、というところまで来ている。

粘土だけでも十分に接着出来るし、可塑性で考えたら粘土だけの方が粘着性が高いのだが、粘土単体だと縮みが大きくヒビがいくのだ。調整杯土には乾燥時にヒビが出ないよう珪石粉末が大抵入っている。ちなみに珪石入れてみたのだが、確かにヒビは出にくくなるんだが、粒がデカい。ジャリジャリし過ぎる。じゃぁ珪石の代わりに天草陶石か砥の粉だなという感じなのだが、天草陶石を使うと何故か同じ比率で作っても固まったり固まらなかったりするんだよなぁ。
たぶん、練りの問題だと思うんだが。粘土はカオリンの結晶に水分が入り込むと、急に練りが重たくなって可塑性が増すのでタイミングが分かりやすいけれど、天草陶石はセリサイトで疑似的に粘りが出るので、そこが非常に分かりにくい。しかも比率を変えると更に練の時間が分かりにくくなる。ということで、砥の粉使うかなぁと思っているわけだ。

とりあえずは、そんな感じでやっていますが、まだまだ暗中模索。

〔 2428文字 〕 編集

■全文検索:

■インフォメーション

猫田に小判 -新館- は、猫田に小判(使用していたCGIの開発が終了してしまったため更新を停止)の続きでやっているブログです。
気分次第の不定期更新です。3ヶ月に1回くらいで見に来て頂くと、更新している可能性が高いです。
ちなみに当ブログとほぼほぼ関連性の無い事か、ブログに纏める前のアイディア程度の浅い内容しか書きませんが、Twitterはこちら
コメント欄の無いブログCGIなので、ブログについてのご意見はTwitterのリプライやDMでお願いいたします。

編集

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件

ランダムに見る