猫田に小判 -新館 -

Last Modified: 2021/11/29(Mon) RSS Feed

2021年4月25日の投稿[1件]

新ブログと東池袋52の話

No. 39 :
#徒然なる日記 #告知 #金継ぎ #陶磁器修理 #アイドル #note

気付けば年またぎで、お久しぶりです。

ネタはあるけど書く気が起きないプチ鬱状態が続いてまして、生命エネルギーがとにかく足りない。
修理屋なんてコロナの影響受けないだろうと思っていたんですけども、メディアが、規制で大変だ貧乏になったという記事ばかり出して日本人総コロナ貧乏みたいな洗脳かけているからなのか、修理の依頼が目に見えて減るという。金継ぎ屋が増えて全体的に盛り上がった結果、各修理屋への依頼が相対的に減ったという事なら個人的には喜ばしきことで、それで依頼が減るなら私の技術的問題ということなので店を畳んでもいいかなぁと思うわけですが、金継ぎがそんなに認知度上がって盛り上がっているという感じでもなく。サスティナブルだのSDGsだの言っても、プラスチックが悪いとか二酸化炭素が悪いとか悪い事には目が向くのに、それ以外の事には案外動かないというね。何ですかねぇ国民性なのか、人間の根源的な性質なのか、よく分かりませんけど。

とまぁ、愚痴っていても仕方がないので、このまま生命エネルギーが減って死ぬのも何だかなぁと思い無料ブログサービスのnoteに金継ぎのブログを書くことにしました。

『 案外、書かれない金継ぎの話 』
note.com/kintsugi_hontou

猫田に小判ブログは有料レンタルサーバを使っているため金が払えなくなったら即消滅してしまうので、お金払わなくても一応、残ってくれるんじゃないかなぁという事でnoteにしましたがサービス終了になったら勿論消滅してしまうので、こればかりは賭けですな。
ちなみに、noteは見た目が地味で雑誌のような凝ったレイアウトの派手なページは作れませんが、その分、操作がとにかく楽です。猫田に小判(新館)で使っているCGI「てがろぐ」と非常によく似ている。マウスクリックで使えるマークアップという感じ。ブログって、これで良いんじゃないかなぁと思うんですけどね。
まだ始めたばかりなので、もちろん閲覧者は一桁。とりあえず10個くらい記事があれば二桁になるかなぁと思っていますけども。
内容は、猫田に小判(旧館)と猫田に小判(新館)に単発的に書いていた金継ぎの話を、ちゃんと順序立てて新しく書き直していく予定です。出来るだけサラッと読めるように1000字くらいを目安にしようと思っています。このブログのように長文で書き散らしたりはいたしません(笑)昔のブログは読んでいると結構、間違った解釈しているところも多々あって削除しちまおうかとも思いましたが、それすら面倒なほどエネルギー足りないので放置しておくことにいたしました。なので私的には最新情報掲載ということになります。


それから話変わって、私はあまりアイドルにぞっこんで興味持つことは少ないし持続的に応援する事もほとんど無いんですけど、それでもNegiccoだけは好きで応援しているわけですが、最近、ライムスター宇多丸さんがやっているラジオのアトロクの社歌特集で紹介されて知ったアイドル「東池袋52」。このグループにかなりハマっております。
私は流行に疎いので興味を持った時にはメンバー入れ替えで全然違うテイストになっていたり、解散していなくなっていたりすることもあるのですが、東池袋52は健在で、時節柄イベント出演やライブはありませんがインスタライブは不定期でやっています。クレディセゾン&関連会社の女性社員で構成された社内発アイドルですが、歌もダンスも本気中の本気でとにかく抜かり無いアイドル。欅坂46の二人セゾンという歌を聞いたクレディセゾン社員が、勝手にアンサーソングとして「わたしセゾン」という歌を発信するために生まれたアイドルグループという事で、52や46の系統で見られがちのようですが、私はむしろそういう大所帯系よりは、今だに伝説となっている「野猿」のベクトル上じゃないかなぁと思っています。(ちなみに野猿はジャニーズシニアと言っていた頃からリアルタイムでハマっておりました)
なにしろ歌が良い。歌が良いのは当然で、コピーライターの大御所というかレジェンド仲畑貴志さんが作詞。コピーライターという言葉がメディアで踊り始めた頃に糸井重里さんや川崎徹さんと並んで聞いた、今の言葉で例えると神セブンみたいなもんですよ。そして作曲が多田慎也さん。私が大所帯系アイドルで唯一買ったことのあるCD「ポニーテールとシュシュ」を作曲された方だそうで、そりゃ琴線に触れるに決まっている。YoutubeにMVがあるので全部見たり、ファンの方がアップロードしているライブの動画を見たんですけど、やっぱり良い、凄い。CD買おうと思ったら、何と売っていない。セゾンカードを使って貯めたポイントじゃないと入手出来ないという、なるほどクレディセゾンの社員アイドルだけのことはある。徹底していて素敵。だがセゾンカードでポイントとはハードル高いなとCD入手は断念しようかと思ったんですけど、実は栃木に帰省した時に郵便局でたまたま勧誘されて、ゆうちょセゾンカード(現在はセゾンNEXTカード)というのを作っていた事を思い出し、探したら出てきて、まだ番号生きているのかと思いながらクレディセゾンのサイトで確認してみたら普通に使える。しかも永久不滅ポイントが残っている。え~!CD交換できるじゃん!という事で申し込みました。(後に、ゆうちょミヂカを使うとセゾンのポイントが付く事が分かり、あのポイントはミヂカの副産物なのかと驚いたんですけども)
で、届きました。朝夕毎日聴いてます。運転するときもカーステレオで流してます。飽きませんねぇ、聴けば聴くほど良くなる、詩も曲も。

ということで、公式サイト貼っておきます。
www.saisoncard.co.jp/saison52/

〔 2433文字 〕 編集

■全文検索:

■インフォメーション

猫田に小判 -新館- は、猫田に小判(使用していたCGIの開発が終了してしまったため更新を停止)の続きでやっているブログです。
気分次第の不定期更新です。3ヶ月に1回くらいで見に来て頂くと、更新している可能性が高いです。
ちなみに当ブログとほぼほぼ関連性の無い事か、ブログに纏める前のアイディア程度の浅い内容しか書きませんが、Twitterはこちら
コメント欄の無いブログCGIなので、ブログについてのご意見はTwitterのリプライやDMでお願いいたします。

編集

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件

ランダムに見る