接着剤としてのガラス用漆について1

また1ヶ月以上、更新を止めてしまった…。毎度のことだけど。
あまり更新しないのも気が引けてきたので、今回は、かなり短めだが更新目的ということで。
ガラス用漆は陶磁器の金継ぎで使うととにかく低温低湿でもよく乾く(正確には硬化する)。プレパラート上できちんと比較したらMRの約倍の速さで乾く。
最近は、温度が20度前後、湿度は40%まで下がるようになったのだが、それでも筆塗りで3時間。錆漆にしても20時間以内で概ね乾く。低温低湿で乾くことで有名なMR漆よりも更に早い。LTHやNOA漆と同程度。
なぜ、こんなにも早いのか。MR漆のように、酵素量を減らさないよう特殊な精製をしているとか、そういう話も無さそうだし。
全く理由が分からずにいたのだが、ふと、風呂に入っている最中に閃いた。
ガラス用漆は、漆の乾きが早いのではなく、添加している薬剤が固まる(ガラスに反応する)速度が早いのではないか、と。事実、ガラスの上に塗ったものと、漆の上に塗ったものでは、ガラスの上の方が乾きが早い。
それに気付いたら、途端に頭の中でガラス用漆の金継ぎの扱い方が組み上がってきた。
要するに、ガラス用漆はシリカと反応する環境下において絶大な効力を発揮する。逆に言えばシリカが無ければ普通の漆と同じ(あるいは添加物が含まれる分、普通の漆以下)ということになる。ガラス用漆にデンプンやグルテンを加えても耐熱水性が全く向上しないのはそのためだと考えれば納得出来る話だ。
だとしたら、接着のためにシリカを入れればガラス用漆本来の実力を引き出せるかもしれない。麦漆や糊漆に代わるガラス用漆で作る接着剤には、たぶん、シリカの添加がポイントになってくるはず。
そこで、2つの候補を考えた。
一つは、シリカの添加で最も有名なアエロジールというガラスの微粉末。合成樹脂の増粘剤や、食品の凝固添加物としても使われていて、私も樹脂をパテ状にする際に必ず用いている。ゲルのアロンアルファが無い時は、普通のアロンアルファとアエロジールを混ぜて簡易的にゲル状アロンアルファを作ることもできる。そういう高純度のシリカだ。間違いなくガラス用漆の効果に加担するはず。
もう一つは、砥の粉。これはご存知、錆漆を作るときに必ず使う鉱物粒で、前にも記載したと思うが陶石(白磁器を作るときに使う主原料)の代わりにもなる、成分のほとんどはシリカ。硅石の方が良いが、陶芸をやっていて釉薬を自作する人でないと買わない原料だし、陶芸の珪石は粒が荒い。準硅石の砥の粉でも十分だと思うわけで、何より、追加で新しい材料を買い足さなくても良いので、金継ぎをやる人には砥の粉の方が好都合だ。
そいうわけで、現在、この2つの候補を使って実験中(というか、実験のための硬化待ち)。
もし、これが上手くいけば、金継ぎとしては革命的とまでは言わないが、そこそこの進歩にはなるように思う。
結果は、いずれ。お楽しみに。