最近のマイブーム

毎度毎度、更新が遅いブログだが、別に更新するのが嫌になっているというわけではない。
何を書こうかなぁと思いながら、日々過ぎてしまっているだけだ。と言い訳をしておいて、さて。
今日は、最近のマイブームについて2つほど。
一つは、万年筆。
東京に居た頃は、結構、万年筆を使っていた。私の場合ステータスとして万年筆を持つ趣味は無いので、せいぜい5000円くらいの万年筆を何本か。という感じ。当時は5000円でも相当に低級な部類だったと記憶している。無論、使い捨ての安い万年筆はあったが、私は万年筆で書く文字の色味が好きだったので、黒とか青などの色しか無い使い捨ての物は論外。当時としては珍しい色のインクをスポイトみたいな感じで吸わせて使う万年筆が好きだった。最終的には、イカ墨を使ったインクが至極お気に入りで、全部の万年筆はイカ墨インクにしたと記憶しているが引っ越しでインク壺が何処かへ行ってしまい(たぶん捨てたんだと思う)、栃木に帰ってきてからは、このイカ墨インクをいくら探しても見つからず、文具店で聞いてもどこのものかも分からず。そのまま万年筆は使わなくなってしまった。きちんと手入れしなかったためペン先もダメになってしまった。今思うと、実に馬鹿なことをしたが、若気の至りでこればかりは時計を巻き戻す事もできないので諦めるしか無い。
そんなわけで10年が過ぎたある日、PILOTのKAKUNOという初心者用万年筆(去年発売していたらしい)をたまたま手に取り、その書き味にゾッコン。1000円なのに使い捨てではなく、しかも別売りのコンバータを付けるとインクも選べるという本格派。さらに調べてみたら3000円のCOCOONという少し高い万年筆のペン先を使っているということで、入門用とはいえPILOTの本気を感じ取る逸品だと知る。更に「色彩雫(いろしずく)」というインクシリーズがあり、画面で見た限りでも惚れ惚れする良い色がたくさん。
早速、翌日にKAKUNOを購入。その日から、メモ書きはボールペンから万年筆に完全移行させた。
ちなみに、色彩雫インクシリーズだが、これはさすがに田舎の文房具店にはほぼ皆無。在ってもベーシックな色しかないため、取り寄せで「土筆」というセピア色を購入。イカ墨ほど微妙な深みのある色ではないが、それでも田舎で買えるセピア色の中ではかなり良い感じのセピアで、ゾッコンLOVEである。今のところはKAKUNOで十分に満足しているが、どうなんだろうなぁ、書き味が気になりだして、他の物も目移りし始めるのかもしれない。お金が無いので、買ってもせいぜい2,3千円のものだと思うが、最近は安くても良い万年筆はたくさんあるんだよねぇ。有難いことに。
二つ目のマイブームは、BLUE GRASS(ブルーグラス)。
たまたま大谷町でHONEY COOKIESという三人組のバンドの演奏を見て、その曲が五臓六腑に染み渡ってしまったため、その場でCDを購入。そのバンドがやっていたのがBLUE GRASSという音楽ジャンル(?)。ケルティック・カントリーって感じなのかな?詳しくはウィキペディアでも読んで頂いたほうが確実だと思うので、ここでは説明しないけれども、元々ケルティックな音楽は好きだったので、たぶん、そこから五臓六腑に来ちゃったのだと思う。で、HONEY COOKIESのCDは勿論、BLUE GRASSのCDも少しではあるがTSUTAYAにあったので借りたりして、仕事中にずっと流している。
夏場の私の仕事部屋は漆の事を考えてエアコンは付けていないため常時30度以上。はっきり言って人間が行動する空間ではない状況下にあるため精神的にすぐダウンするのだが、BLUE GRASSを流していると、それが少し緩和されて集中力が幾分か持続する。そのために流しているわけではなく、純粋にBLUE GRASS好きなのだが、まぁ、そういう効能もありますよ、という話。
以上、最近のマイブームでした。
どちらも、ブームというより一生ものの入り口な感じもするのだが。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です