極めてツイートな話


Twitterに慣れるとブログが疎遠になるなぁ。とは言えTwitterも週に3〜4回つぶやくだけなんだけども。ブログも140文字の短文構成でいけばいいのかもしれないが、私としては、もうちょっと長めに物を言うために使いたい。そう思っているうちに更新が滞る。
ま、愚痴っても仕方がないので、とにかくブログの更新が滞って申し訳ありません。
とりあえず、猫田さんの寝顔でも。
あ、そういえば、たまたまテレビを点けたらダークマターとかダークエネルギーというのをやっていた。宇宙には光学的には観測できない物質がありそうで、計算では観測可能な物質よりも量が多いと仮定され始めているんだそうな。(ダークって響きが悪いけど、決して悪いいう意味はなく、見えないとか存在が不明なという意味。)
ほぉぉ、と思いながら番組を見ていて、何の根拠もなく漠然と、ダークエネルギーっていうのは生命が生まれる根源的なエネルギーなんじゃないかと思ったりした。生命って、腹の中にしろ卵の中にしろ、暗闇の中で誕生してくるようなイメージがある。それに、光学的な観測装置では測れない。まぁ電気的に生命活動は観測できるけど、電気的なものは、直感的に生命と直結しにくいような気がするのだ。コンピューターがどれほど大型高速化しても、生命にまで進化しそうな気がしないのと似たようなものか。電気的な物と、よく分からない物が結合しないと生命にまで昇華しないと考えると、そのよく分からない物がダークエネルギーだったりするんじゃないかなぁ。なんて思ったりした。
暗闇が怖いっていうのも、もしかしたら自分の中のダークエネルギーが、闇の中にあるダークエネルギーと共鳴しているのかもしれない。
妄想がこれ以上拡大すると、戻って来られない危険域へ踏み込みそうな気がするので、文章短めで終了。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です