限定解除への道4

検定前日に申し込んだ自主教習。やはりMT車の運転を忘れていた。エンストを起こす。坂道発進で下がってしまう。そうした事に輪をかけて、普段の癖を指摘されまくる。いくら安全運転を心がけていても、栃木の最低な運転マナーは私の体を日々、蝕んでいたということだろう。検定前の乗車だから、教官もかなり厳しい(厳しいのは良いことだと思うので、この点は問題ないのだが)。特に強く指摘されたのが、ウィンカーを出してからハンドルを切るのが早いという事。早いというよりも、ウィンカーを出した時には、すでに車線変更が始まっているくらいのタイミングなのだ。言われるまで全く気づかなかったが、栃木では、これくらいのタイミングでハンドルを切らないとレーンに入れない。あるいは、ものすごいパッシングを食らう。ウィンカーを出してパッシングを受けるなんてのは変だろうと思ったそこのあなた、栃木ではそれがデフォルトなのです。何しろ、ほとんどのドライバーはウィンカーを出さずに突っ込んでくる。後ろを走っている車はわざわざ私を追い越して左折する。おめぇ左折するなら追い越す必要ないだろ。なんていうのは日常茶飯事。そんな地獄マナー満載の一般道運転時の癖は、当然、おいそれと抜けるはずも無い。
そして、検定当日。朝9時集合。車で30分ほどの距離に教習所があり、途中で朝飯でも買っていこうと1時間前に家を出る。しかし、読みが甘かった。栃木は車社会だ。通勤ラッシュに飲まれる。進まない。全く進まない。結局、飲まず食わずで教習所へ到着したのが8時55分。しかも限定解除の検定者って私一人だった。もう、この時点で心臓バクバクだ。
限定解除の検定は、普通免許検定の後なので、乗車までに1時間ちょっとある。その間は、とにかく椅子に座って脳内シミュレーションの連続。教習所じゃなかったら、完全に警察を呼ばれるんじゃないかという怪しさムンムンである。
そんなこんなで、検定開始。検定中はとにかく頭の中が真っ白。教官の声など聞こえるはずもない。が、何度も検定コースを走っていたおかげで、体が道順を覚えていたようだ。気づいた時には検定が終わっていた。覚えていたのは、エンストを2回やって、2回目に「ジャッ!」とボールペンの凄い音がしたこと(たぶん、減点チェックの音)、乗車が終わってから「ウィンカーを出した後、わずかに手が動いている」という自主教習と同じ注意を受けたことくらいか。
合格発表は午後1時30分。2時間くらい暇になるる。一度、家に帰ることも出来るが、また遅刻寸前では洒落にならないので、近くのファミレスで時間を潰そうと思って外へ出たが、これが全く腹が減らない。気持ちが高ぶっているのだ。しばらく歩けば気持ちも落ち着いて腹が減るだろうと歩いてみたが、結局、2時間フラフラと歩き詰めで教習所へ帰ってきた。着いてすぐに「今からロビーの電光掲示板に合格者の番号が出ます」というアナウンス。こういうときに、自分がプラス思考の人間か、マイナス思考の人間かがよく分かる。頭にあるのは「次回の検定はいつ受けるかなぁ」。ひとつも合格する気がしない。
で、結果。合格しました。ありがとうございます。でも信じられずに何度も電光掲示板を確認し、さらに受付でも確認。「おめでとうございます」と言われて、やっと、合格したんかな、と思う程度になった。高校に合格したときも大学に合格したときも、いつも合格後は現実を受け入れることが出来なかったものだ。翌日、免許センターで免許の裏側に「限定解除」の判子をもらったが、なんだか実感が沸かなかった。(限定解除っていう単語は格好良くて気に入っているけど。)普通の人はガッツポーズの一つも取るんだろう。そういえば、私は生まれて今までガッツポーズというのを取ったことが一度も無い。陶芸展で1位になった時も、なんだか妙に悲しく感じたものだ。何故そういう気持ちになるのか分からないが、たぶん、生まれつきそういう気質なんだと思う。
限定解除は達成したが、それでMT車に乗るかということ、そんなことは無い。今の車には何の不満も無いし、気分で車を買い換えるほど、くだらない消費拡大に貢献する気も無い。限定解除は、たぶん、私の近年の人生には何の変化も起こさないとは思うが、それでも、あの脳みそフル回転と心臓バクバクの経験で、どうにか鬱期は脱したと思う。頭の中の白い霧が晴れた感じはとてもするので、当初の目的は十分に達成したと言っていいだろう。日々、教える仕事をしているので、教わることの大切さも身にしみた。きちんと明文化するのは難しいが、得たものは非常に多いと思う。人生の変化は起こらなかったが、自分の中での変化は大きかったように思う。
でもなぁ、また鬱期になったら、今度は8t中型の限定解除ってことになるけど、それはやらないよなぁ、さすがに。まぁ、当面は元気にやっていけそうだし、その時はその時で、また考えてみようか。

2件のコメント

  • AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    限定解除合格、おめでとうございます。
    大人になってから、人に何か習うことって早々無いから、楽しいし頑張りますよね。
    たとえばそれを5年10年続けろと言われたら辛いけど、短期間集中なら楽しく過ごせます。
    また、何かチャレンジしてみてください。

  • AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.33 Safari/530.5
    コメント頂きありがとうございます。
    大人になると、習い事も、駄目で元々という余裕がありますから、自分の身の丈で頑張れるところが楽しいですね。若い頃は、どうしても身の丈以上であることが基本みたいな空気がありますからね。習う事に余裕がありません。
    あまりチャレンジをシリーズ化するつもりは無いんですけど(笑)、また、何かに挑戦したらブログで報告させて頂きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です