限定解除への道3

教習3時間目。エンストが止まらない。いや、エンストというのは止まってしまうことだから、正確にはエンスト癖が直らないと言えばいいのか。自分の車の「なんちゃってクラッチ(前ログ参照)」の練習のおかげか、左足の硬直状態からは脱し、左手のギアチェンジのタイミングも掴めてきたと思っていたのだが、それでもエンストを頻発する。
理由は左足ではない。左足が動くようになって、それよりも大きな問題が右足だということに気づいたのは教習時間も終わりに近づいた頃だった。
AT車のエコ運転。毎日心がけていたエコ運転が仇になったのだ。というのも、AT車のエコ運転は、クリープ発進→ふんわりアクセルでゆっくり加速するのが基本、だと思う。免許を取得してからというもの、ずっと、このエコ運転を心がけていたため、それが体に染み付いている。ところが、この足癖のままMT車を運転をすると、当然、エンジンの力不足で即効エンストを起こす。AT車はアクセルが発進状態を決めるが、MT車はクラッチ操作が発進状態を決める。天地の差というか左右の差ほどの違いがあるから、これはもう「発進の思想」略して発想の転換をしなければいけない。いや、つまらん事を言っている場合ではないな。
だが、頭では分かっていても、体が覚えてしまったAT車の足癖は、そう簡単に抜けるものではない。クラッチを切ってアクセルを踏み込むが、エンジン音が大きくなると、無意識に蓄積してきたエコ意識が右足の踏み込みを躊躇し、戻してしまう。しかもクラッチペダルに座席を合わせているので、普段よりもアクセルペダルが近い。僅かな差のはずだが、それでもアクセルの微調整が格段に難しく感じる。
発進時のアクセルの踏み込みはAT車に乗っている限り、練習は無理だ。次の時間は、もう、みきわめ。配車予約が空いていたので、連続で取ってしまった。仕事との兼ね合いで、教習所へ行ける回数は少ない。教習期間を超過して、また入所からやり直しなんていうのは精神的にも金銭的にも回避したいという焦りで、入所時に教習日程を決めてしまったのは、失敗だったか。とにかく、もう少し練習時間が欲しい・・・。
みきわめは、エンストを連発しない限り、検定中止や不合格にはならないということで、「良」を頂いてしまった。自分なりに思いっきりアクセルペダルを踏んで発進したことでエンスト回数は減ったのだが、1300ccの教習車で、これは吹かし過ぎだと思う。どうしても納得がいかない。しかも、検定までは、仕事の都合で1週間の空きが出来てしまう。納得のいかないまま、みきわめで掴んだアクセルの感覚も、間違いなく1週間AT車を乗っている間に鈍ってしまうだろう。
そこで「検定前に、もう1回教習を受けたいんですけど」と指導員の方に相談をしたところ、4250円で自主教習を受けられますと教えて頂き、検定前日の夕方に予約を入れてきた。前日1回の乗車で、感覚が戻るだろうか?でも2回受けると、貧乏に拍車がかかってしまうし。とにかく前日の自主教習に賭けるしかない。
帰りに自分のAT車でMT車と同じ発進アクセルをやってみたら、やっぱり急加速でやばかった。しかも、おそらく吹かし過ぎて黒煙を出しまくったせいだと思うが、後ろの車がやけに車間距離を取ってるんですけど。・・・ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
次回、限定解除への道。最終回(の予定)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です