月別: 2008年6月

壊れ方への仁義 徒然なる日記

壊れ方への仁義

陶器の修理の仕事を始めてから、写真にしろ実物にしろ、金継ぎされた器を見たとき、妙に違和感を感じることがあることを不思議に思っていた。正確には、…