私なりに出来ること

7月16日に発生した新潟震源の地震は、栃木も震度4だったそうだ。「そうだ」というのは、発生時に益子で仕事をしていたため、益子は地盤がしっかりしているのか、あまり感じなかったからなのだが、それでも、家に帰ってきてからは、普通の地震よりもずっと長い横揺れを夜に体感し、この揺れの長さは尋常ではないな、と感じた。
幸い今回、依頼品に影響はなかったが、陶器の修理の仕事を始めてからというもの、地震については本当にちょっとの揺れもで心配することが多くなったし(特に夜中の地震は目が覚めることが多いように思う。少なくとも東京に居たころよりは。歳で眠りが浅いという可能性も否めないが。ま、それはさておき)、地震被害というのを自分の事と重ねて考えるようになったと思う。
前回の新潟地震も今回の新潟地震も、物凄い小額だが義援金を申し込んだりしているわけだが、現地まで行ってボランティアをするのはさすがに無理で、その点では本当に申し訳なく思っているのも事実だ。
私なりに出来ることはないだろうか。と結構自分なりに真面目に考えてみて、今回、ほん陶で「新潟地震義援修理を無料にて行う」ことを決断した。気持ちが揺らがないうちに、ここにも書き込もうと思う。
このブログは、仕事とは切り離して好きなことを書きたいという理由から、ほん陶の宣伝やリンクは極力しないことにしているのだが、今回は、そういうわけで(影響力は少ない、あるいは無いかもしれないが)とにかくお許しいただきたい。
---以下宣伝(ほん陶のホームページより)
新潟で発生した地震により破損してしまった陶磁器の修理を無料で行うことにいたしました。
なお、誠に申し訳ないのですが、以下の条件をご了承下さい。
1. 申し込み対象は新潟県および隣接県に在住の方とさせていただきます。
2. 申し込み期限は2007年12月31日までです。
3. 申し込み数は1人2点まで。3点以上の場合は、追加料金が発生します。
4. 普段使いの思い出深い陶磁器が修理対象です。高額陶磁器は除外します。
5. 送料はお客様ご負担となります。
6. 修理ご希望の方は、問い合わせフォームの「義援修理」を必ず選択してください。
7. その他、修理内容は修繕方法に準じます
---以上宣伝
じつは、対象範囲をもう少し広げても良いかな、とか、申し込み点数を増やしてもいいかな、とは思ったりしたのだが、あまり範囲を広げると自分の首をしめてしまう可能性もあるし、それが原因で申し込みを頂く方に負担がいってはいけないので、とりあえず、この辺が妥当かなと思う。
それは義援に反するだろうとか、それは止めておいたほうが良いだろうなど、ご意見がありましたらコメント下さい。何しろ思いつきで始めることなので。よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です