小麦の意味

間違っていたと思った時には、とりあえず謝っておくことが大切だと思うので、最初に謝っておきます。「ごめんなさい。今まで金継ぎ修理に小麦は不要とか書いてましたけど、そんなことありませんでした。」と、半分だけ頭下げたりする。
え、何故に半分しか頭を下げないのかって。それは、小麦を使うけど、そのまま麦漆にはしないから。漆を扱ったことのある人の方が意味が分からないと思うので、その説明をいたします。
陶器の修理の仕事で避けて通ることのできないものに再修理依頼がある。実用を前提とした修理は、直した後の使用状況が多岐に渡るので、どんなに気を使って修理しても、ちょっとしたことが原因で再破損する可能性がゼロとは言えない。陶器の実用修理が未だ黎明期だと私が言うのは、そうしたことにも起因する。
そういうわけで、これまでに自分がやったものや他人のやった修理品を何件か再修理したが、大体、再破損の原因は同じで、前にも書いたと思うが、陶磁器素地と漆の境界面に水分が進入することで接着強度が落ちたことによる剥離現象。使用後の乾燥が不十分で素地内に水分が残ってしまったり、変な置き方をして接着箇所に無理な力がかかって浸水したら、これはもうどうしようも無い。水を超える粘着性と、水に負けない硬化性を同時に発揮する人体無害な天然由来成分というのは、かなり厳しい条件なのだ。
で、そんな時、ネットで樹脂に関する調べもの(当ブログ「ケースバイケース」に補足記事掲載のため)をしていたところ、たまたま「タンパク質のプラスチック化に成功」という記事を見つけた(アドレスをメモしておくの忘れました。ごめんなさい)。これによると、グルテンというたんぱく質に可塑剤を入れて混練すると成型可能なプラスチックが作れるというもの。天然成分由来のプラスチック(樹脂)と言えば漆も同じ。グルテンに漆を混ぜたら強化プラスチックなんて出来るのかもなぁ、なんてことが頭を過った瞬間。思いついた。グルテンって小麦に含まれるたんぱく質じゃん。あ、麦漆ってそういうことなのか。と。
実を言うと、私、今までずっと麦漆は、小麦に含まれるデンプンの粘りと漆の硬化が関係しているのかと思っていた。麦漆を作るのにヒメ糊(米のデンプンを使った糊)を混ぜると書かれた漆の本もあったくらいだし。それゆえ、デンプンの粘性なら、もち米が最強だろうなんて思って、もち粉と漆を混ぜてみたりしたが期待したほどの強度や耐水性が得られない。上新粉やコーンスターチも試したが大差なし。というより比率を間違えると逆に弱くなったりする。それなら漆だけのほうが安定してるよな。と思っていた。
しかし、小麦を使うのはデンプンではなく、グルテンの網目構造と漆の硬化性に意味があったのだ。含有率約70%のデンプンではなく、10%前後のタンパク質がポイントだったとは、不覚。で、それなら、余計なデンプンを排除して出来るだけ純度の高いグルテンを漆と混ぜれば高い粘着性と強度が期待できるかもしれない。といわうけで早速、近所のスーパーで強力粉を購入し、そこからグルテンを取り出してみることにした。(スーパーにグルテン粉があれば買ったのだが、遠くのデパートまで行かないと無いらしい。)ちなみに、グルテンの取り出し方は、ネットで検索すると山のように出てくるので、分からない人は検索して下さい。それと、強力粉を買う前に、家にあった古い薄力粉を使ってグルテンの取出に挑戦してみたけど、何度やっても取り出せなかった。理由は分からないが古くなるとダメらしい。試したい人は新しい強力粉を買うように。で、取り出したグルテンに漆を混ぜてみる。実験なので比率は適当。アロンアルファゼリー状よりも少し流動性があるくらいなら塗るのに楽かな。って感じで混ぜる。だが、これがとんでもなく混じらない。まぁ水にも溶けない繊維状のたんぱく質なのだから、そりゃ簡単に混ざるわけがない。格闘すること15分。やっと混ざったようなので自分の器を割って修理してみた。
結果。強い。予想はしていたがかなり強い。浸水試験もとりあえず20時間は状態を保持。史上最強かどうかは分からないが、天然成分由来の接着剤としては、おそらくトップクラスの強さではないかと思う。もしかしたら、これに砥粉を混ぜると、今よりも粘着性と曲げ強度の高い錆漆が出来るかもしれない。まだ実験中のため、修理剤としての本格導入は先になると思うが、混合比率などが確定できたら是非ともグルテン漆の本格導入に踏み切ろうと考えている。出来ればグルテン粉を買って、きちんと混合比率を出したいところだ。金継ぎが趣味の方、試してみて下さい。混ぜるの大変ですけど、接着強度にはちょっと感動しますよ。