ぎっくりする

益子のバイトの朝のミーティングのラジオ体操を真面目にやっていたら、腰に激痛。ギックリ腰である。日ごろの運動不足の賜物って感じか。自分でも情けないというか何というか。東京で陶芸の仕事をしていたときに2度ほどギックリ腰をやったけれど、まさか、朝の体操でギックリ腰になるとは。とほほほ。
もうすぐ長崎屋で3日間の陶芸講座もあることだし、特に、これは材料の準備から作品の運送まで全部一人でやらなければならない。代わりがいないわけなので、ギックリ腰だからといって止めるわけにもいかない。
というわけで、仕事が終わった後にコジマ電気へ。何故、コジマ電気なのか、というと近所のコジマ電気には何故か薬局があるから。電気屋なのに。しかも夜の8時過ぎにやっている薬局は、コジマ電気しかなかったりする。何しろ田舎の店は閉まるのが早い。(ちなみに、コジマ電気は夜9時まで開店。)
完全に100歳の老人のような動きでコジマ電気をヨタヨタと歩き、薬局担当の人に泣きついてみたら「絶対にコレです。インドメタシン3.75%。最強です。」と湿布を渡された。1500円。た、た、高い・・・。が、背に腹は代えられないので買うことにした。
名前は知っていたけど、そんなに効くのかインドメタシン。インドメタシンってインドとメタシン?インドと関係あるんかな。などと腰の痛みを忘れるために下らないことを考えながら、とにかく腰に2枚ほど貼ってみる。メントール効果でスースーするけど、やはり痛いものは痛い。うーん、まぁ、貼らないよりはマシか。などと思いながら布団の上でゴロゴロしていたところ、1時間が経過して、あらビックリ。痛みが半分くらいに減った。静かに寝ていれば、ほとんど痛くなーい。動けば多少は痛いが、ギックリ腰になった瞬間のあの痛みは完全に緩和されている。凄いぞインドメタシン3.75%。
とはいえ、インドメタシンは早い話が痛みを誤魔化す成分らしく、ギックリ腰が治るわけではないらしい。だが、とりあえず痛みを誤魔化しながらでも長崎屋の陶芸講座さえ乗り切れば、何とかなる。インドメタシンさまさまだ。
そういえば、前にギックリ腰になって整体に行ったら、腹筋と背筋の筋力バランスが崩れるとギックリ腰になるから、腹筋やりなさい。と言われたのを思い出した。インドメタシンの力を借りて痛みが治まっているうちに、ちょっと腹筋やろうかなぁ。でも、腹筋をやってインドメタシン効果も無くなったら元も子もないし。悩みどころだ。