カブとキノコの煮物

【材料(3人分)】
イ)カブ:3個
ロ)椎茸:6本
ハ)エリンギ:1〜2本
<煮汁>
二)カツオ出汁:500ml(濃縮の場合は薄めて調整すること)
ホ)酒:大さじ3
へ)みりん:大さじ3
ト)塩:少々
チ)醤油:小さじ1(適宜)
※エリンギは無くても構いませんが、使うと香りが素晴らしくなります。
※椎茸は、干し椎茸も使うと味が濃厚になります。
【作り方】
1)カブを菊花形に飾り切りする。
2)椎茸は軸を取り、半分に切る。
3)エリンギは縦半分に切ってから、さらに縦5mm厚に切る。
4)鍋に材料をすべて入れ、カツオ出汁も入れて、沸騰させる。
5)沸騰したら、酒、みりん、塩を入れて、カブが柔らかくなるまで弱火で煮る。(キッチンペーパーの落としぶたをすると、いいかもしれない。)
6)カブが柔らかくなったら、醤油で汁の味を調整し、少し煮る。
7)味が染みたら出来上がり
※醤油を入れすぎると、エリンギの香りが飛んだり、椎茸の旨味が分からなくなるので、入れ過ぎに注意しましょう。
【ペースト化(1人分)】
1)汁に入れたまま、しばらく冷ます。
2)カブを汁から出してフードプロセッサーに入れ、スイッチオン。
3)椎茸とエリンギと出汁しる大さじ1をフードプロセッサーに入れてスイッチオン
※カブとキノコ類は一緒にせず、分けて食べるのをオススメします。(1回の料理で2食分できてお得だったりもします。)
※最初にしばらく冷ますのは、味をさらに染み込ませるためです。急ぎの場合は、冷まさなくてもよいでしょう。
※カブは汁を吸って柔らかくなっているので、そのままフードプロセッサーにかけてみて、その後に汁で調節しましょう。(大体、汁は加えなくても良いと思いますが。)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です