暑い

私は基本的に「暑い」と他人に漏らすのは嫌いだ。心頭滅却すれば火もまた涼しとまで言うつもりはないが、暑いのは自分が感じればいいことで、他人に同意を求めるものではない。基本的に暑いという言葉で他人と意志の疎通を図っているのを見ると、なんだかシャクに触る。しかし、今年は暑い。何が暑いって、今の部屋にはエアコンがない。このエアコンの無い部屋で、ほぼ1日中パソコンを立ち上げている。しかもデスクトップ機とノートブック。おまけに音楽聞くためにコンポも使っているので、そりゃもう、すごい事になっている。おかげでデスクトップが熱暴走しまくりの落ちまくりだ。仕方が無いので、蓋を開けて扇風機で冷却したりしている。パソコンは涼しい顔をしているが、パソコンの熱は扇風機で撹拌されて、さらなる熱風を生み出している。なんだかシャクに触る。
そういえば、昨年くらいから日本ではブログ(ウェブログ)が流行だ。本来はジャーナリスティックな人間が、ネット上で見つけたネタを引用して評論するのがブログだと思うのだが、日本人はお気楽なので、そういうことをする人間は一握り。ほとんどのブログは単なる日記の延長で、ジャーナリズム性はない。まぁそれはそれで構わないわけだが、何で日本人は自分の私生活を他人に公開するのが、かくも好きなのか?(私も人のことは言えないけど。)私小説先進国日本ならではの発想じゃなかろうか。ただ、大抵「何気ない日常」とか言いながら、結構、書いていることが熱い。熱すぎる。それがまた、妙にシャクにさわる。

43件のコメント

コメントは現在停止中です。