免許取得後の壁

 免許を受けて、かれこれ5日。我が家では完全にアッシーというか只乗りタクシーの運転手状態だ。家族を病院に連れて行ったり、親戚を迎えに行ったり、夜はスーパーまで買い物に行ったり。そもそもが家族のために、いたしかたなく取得した免許ではあるし、車の運転に早く慣れるから無問題といえばそうなのだが、何しろ困りものは、免許を持たない親戚が平気で命じる指定通行外の強行突破と狭路の走行だ。指定通行外は法的に許されることではないので、断固として拒否しているが、狭路の走行は個人的テクニックの問題なので強くは言えない。仕方なく行けるところまで行くが、脳の全カロリーを消費するので、家に帰ると放心状態だ。今はまだ無いが、これで酔っぱらいを乗せた日には、どうしてくれようかと思ったりもする。
 それはさておき、このチッポケなカード一つが完全な身分証明になるという効力に驚かされる。あれほど各所で難儀した身分の証明が、免許証一つでスイスイである。教習卒業証明と住民票を免許センターに提出して、ちょっとお金を払うだけで、黄門様の印籠を得たかのようなこの状況。世の中、少しおかしいんじゃないかとも思うが、便利なので、まぁ良しとしよう。