教習初日

 自動車教習1日目。適正検査と学科2つを行う。受講の時間割を自分で組み立てるというのを大学以来ひさしぶりにやった。更に輪をかけて久しぶりなのが、適性検査でやったIQ診断だ。たぶん小学生の時にやっただけなので(大学の心理学の授業でIQ診断の仕組みを聞いた事はあるが)、人生2度目のIQテストとなる。
 そこで何よりショックだったのは、驚くほど引き算のスピードが遅くなっていたという事実である。実は私、幼少の頃に公文式をやっており、足し算引き算には結構な自信があったのだが、それがわずか3分で脆くも崩れ去った。よく考えてみれば、大学受験以後、約20年に渡って釣り銭の計算以外で引き算というものをやっていない。人間、20年間も引き算をやらなければ、スピードはおろか、やり方も忘れはじめるものなのだという事実。かなり落ち込んだ。
 そういえば、ここ数年、思考の瞬発力が落ちているという自覚があったが、計算能力の減退は、間違いなくこれに付加する事柄だろう。ちょっと真面目に小学生のドリルでもやってみようかと、年寄り的な反省をしている。隣で私の1.5倍のスピードで計算をしていたヤンキー兄ちゃんが、ちょっとうらやましかった。