Canada Yollowknife



no released
このイラストは、色調が暗すぎるという理由で没になったもの。完成度としては高いので、ネットで公開することにした。
子供の頃から、図鑑などでオーロラの存在は知っていたけれども、オーロラが何故表れるのかということを知ったのは、オゾンホールという言葉と同時くらいだと思う。つまり最近の話ってことだ。オーロラは太陽が生み出す大量の放射性物質を含んだ太陽風が、地球磁気圏と干渉し、地磁気を乱すことで発生する。要するに、地球にとっては、あまり好ましいことではなかったりするのだが、オゾンホールが大きくなることで、年々、その観測地域は南下しているらしく、好ましくない状況が言葉通り目に見えて分かるようになってしまっている。オーロラを見て、美しいと思えるのは、あと、どのくらいなのだろうか。まぁ、日本人はノンキだから、沖縄あたりでオーロラが見えても大喜び程度のような気がする。ちなみに、私は当然、まだオーロラを見たことが無いが、見ればきっと大騒ぎすると思う。私にとっての地球環境とは、そのレベルということだ。トホホ。