草競馬(くさけいば):: オリジナルバージョン



no released
というわけで、こちらがオリジナル。柵の色がはっきりしていて、二匹の距離も非常に近い。これだと、二匹が話をしているみたいに見えるし、お互いの大きさの違いも明確なので、より出会うというストーリーが浮き立っているんじゃないかと思う。ほんの少し、大きさや距離を変えるだけで、出会いの意味性が変わるというのが理解できて、良い勉強にはなった。
ちなみに、セカンドバージョンの方は、この絵を元に、馬を策の向こう側に移動して、若干縮小し、犬を少し修正して色調整しただけなので、描き直しと言っても、たぶん2、3時間しかかかっていない。パソコンでレイヤー使い、見えないところまできちんと絵を描いていると、物を移動する程度の書き直しの負担は極めて軽い。